プログラミングは無料で教えてもらう時代。正社員不足、IT関連で深刻化。



スポンサードリンク

yahoo記事抜粋 正社員不足、企業の45%に=IT関連で深刻―帝国データ調査

 帝国データバンクは24日、人手不足に関する企業の動向調査結果を発表した。「正社員が不足している」と回答した企業は、2016年7月の調査に比べ7.5ポイント増の45.4%となり、06年5月の調査開始以来の最高を更新した。人材難はIT関連業種などで深刻化しており、企業活動を制約する可能性もある。


「時給換算したら¥2000程出せるけど正社員で働かない?福利厚生、応相談で9月から来てもらえたら嬉しい。」そう言われた大手企業も今では人手不足で良い人がいないか探している。

先日行ってきた人材紹介会社のワークポートも派遣業ではなく正社員だけを扱う求人。リーマンショックに景気の悪い頃を知ってる僕だけに、正社員の求人なんてそんなに無いでしょ?と思っていたのに、1回の面談で10社も求人を紹介してくれた事にはさすがに驚きました。

少し前までは正社員で働く事は難しく、転職するのも困難でしたが今は真逆で正社員が枯渇している。そのため人材会社では無料でプログラミングを毎日教えて1ヶ月で使える人を育てる取り組みをしている、ウズキャリという人材会社もあるのです。

高いお金を払って学校に行って勉強しなくても、やる気さえあれば誰でも働ける良い時代となっているんです。

お金が無いからプログラミングを学べない…と思っている人でも勉強して正社員になる事が可能なんですよ。

正社員で働くメリットがない?

一昔前では正社員で一つの会社で働き続ける事が美徳とされ家族を作りマイホームを持つ事が当たり前の事だとされていた時代ですが、今では多種多様の働き方が選べる時代です。

派遣業は契約書でお願いされる仕事が決められているのでそれ以外の仕事はやらなくて良いけど、正社員はお願いされた仕事は雑務から何でもやらなければいけなく、求められる仕事量に対して、退職金が無かったり給与の少なさから、わざわざ正社員になろうという人が少なくなっているのかもしれません。

それでも正社員を選ぶメリットとしては、

・ボーナスがある

・福利厚生がしっかりしている

・正社員という言葉で両親が安心してくれる。

・正社員なら結婚相手がみつかりやすい

・家を借りる審査に通りやすい

・クレジットカードを新たに作れる 

派遣は簡単に転職できるので仕事が長続きしないダラシない人というネガティブイメージがつきやすいですが、正社員で長く働いてる人は「しっかりしている人」というイメージつくので、次の転職でも有利に進める事が出来ます。

特に結婚となると、「この人は仕事が大変だけど、投げ出さずに頑張っている真面目な人だわ。仕事をポンポン辞めない人は浮気をしないで一途に私だけを好きでいてくれるはずだわ。きっと両親も結婚に賛成してくれるはず!」

まだまだそんな時代だと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。